これはただのハリケーンなんです

わたしは家の鍵を開けて玄関をくぐる。 白色光、布団もふにゃふにゃでソファーも断層ズレ地殻変動のごとく位置、 配置も変わっているようだ。飛び散った書類にチラシ、水位の少々下がった飲みかけのコーヒーに見たこともないものが詰め込まれた見たこともな…

破局しました。ハロハロラムネ

行き場を失った私の想いは、何処に彷徨うまでもなくコンマ5秒でベルギープリンぱふぇへと向かったのだった.… 「ベルギープリンぱふぇで」 わたしは言い放った。二言はない。咄嗟のことに多少の動揺が露見していたのを、店員のキャワな女子は見逃さんかったと…

定時上がりを、爆速でかける

ガソリンスタンドの薫りがもはや神域に達しているという意気がしたときに、ふと意味もなく秋の空を仰ぐ。と飛行機雲がとっても鋭いスコップのよう地面に突き刺さっているように、わたしは見た。でも冷静に考えればこの世は平べったくなくて奥行きがあるから…

下書きスラム街

@@@@@@@@@@@@@ DIYというのは要は日曜大工である日曜大工であるということ要は平日は大工で非らずということである。 察しのよい、方々であれば @@@@@@@@@@@@@ 今読んで頂いたのは私が、遡ること約一ヶ月。私がブログの下書きとして保存した一部、というか丸…

クロックスか非クロックスかの世界観

あれ、だれ。 現在、私は寮のワンルームの中央辺りからフラットな床の延長、玄関あたりをぼけっと寝起きの、恐らくはほとんど開いてない目でみつめていると思われる。 あれは靴では、ある。人とかではない。そう、靴だよ。靴だけどね、だけどじゃないんだけ…

寮から社宅へクビをふる毎日

寮から社宅へ。今の私の寮の一室。ご大層な荷物という荷物はなくて研修で溜まった書類とか明後日のお嫁様に渡された輸入モノのプロテインとか野外活動で重宝される江原のタレ(黄金)とか純潔と対極に位置する珈琲メーカーくらいである。 社宅の広さは3LDKとい…

じきに結婚する26歳が妄想する青春とやらを

自動販売機という機械を、皆さんはご存知のことと思う。 私も一応、存じ上げておりますこと、その事をこの場をお借りて絶賛、表明させて頂きたく思う。 私という人間は、自分の職場、工場敷地内に設置されている自販機という自販機(以後自動販売機を自販機と…

ファミチキで線を描く

[ファミチキで線を描くとね] アスファルトは夕陽から放たれる一線を此方にくれてやった。逆光、あのガールズの黒い影がこちらに向かって、その手を伸ばす。 彼女はきっと右利きだろう。 と、なぜかこの逆光のなかその程度の感想を抱けただけでも、私はこれ程…

明日も数珠っす

布団の上を数珠、がぷかぷかしてる 明日の朝だか明後日の朝だか知らんが、情景、ともいえぬ一枚の絵に数珠が写り込んでいる その絵は何というか、実際には見慣すぎた光景のはずなのだが、なぜか馴染みというものがこれ程ないのかと、思う ベットに横になった…

すいみんうぉっち

18:00 寝ている人間というのはこんなにもつまらないものか、と思い知らせる。 わたしの携帯の命もまさに風前の灯といった具合で、どうにもこうにも本の一冊も無いしどうでもいい空想に耽る以外に、サンマルクカフェで過ごす術はないのだろう。 目の前の寝て…