読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山本の日記

その時起きたこと、考えた事を記録します

手話ニュース

何となく、テレビをつける


時間を調べたかったから、それ以外の意味は特に持たなかった


テレビの電源が入り、少し遅れて画面に光が灯る。ちょうどニュース番組だった


「トランプ大統領がイスラム圏………


目鼻立ちの整ったキャスターから飛び跳ねるかのような歯切れの良い日本語が心地の良いリズムで私の中へ刻まれいく


画面の左の端、そこでは中年のおばさんが堂々と慣れた手つきで。手だけではなく、腕も身体も全てをも、全てを総動員させて伝えようとしている


私は、キャスターがトランプという言葉を発する度に画面の左を注意深く見つめた


これは、単純な疑問からであった。トランプという固有名詞をどう表現するか?といものである


もし、仮にトランプという固有名詞を手話で表現する方法がないのであれば、例えば米国と大統領という一般名詞を組み合わせれば表現できるだろう


もしかしたら、この世の固有名詞は無数の一般名詞の集合として捉えられるかもしれない。東京タワーであったら、その材質、築年数、高さ、場所…。それが例え蓮実クレアであっても。身長、年齢、体重、カップ数、経験人数、バスト、所属会社…を指定すれば表現できるだろう。無数の事柄、蓮実クレアに関する出生地、人生におけること…さらに細かい出来事を追加していけば、限りなく蓮実クレアという存在に接近することができるし、不確実性を極限まで減らすことができる


私は、そこに何かフーリエ級数展開を思わせる美しさを見出すことができた。(全ての連続な関数は様々な周波数と振幅を備えたsinやcosの無限級数、和として表現できるというもの)


それはさて置き、結局後で調べて分かっこと。手話で固有名詞を表現する際は、「指文字」というものを使用するということだった。僕の勝手な妄想は杞憂という形で幕を下ろしたのだった