山本の日記

その時起きたこと、考えた事を記録します

トリプルチーズバーガーを食べました

津田沼の駅を出る。私はマックに吸い込まれた


長蛇の列、まぁ土曜の昼ならこんなもんか、と思いつつ並ぶ


しかしこれは明らかだった。列の流れが全くと言っていいほど皆無なのだ


私は身体を列から乗り出してレジの方を見た


先頭には一人の初老の男。


店員「ですから、今だけダブルチーズバーガーがお得のトリプルチーズバーガーになるんです


「いやだからわしゃ今日はダブルチーズバーガーの気分でな


「それではダブルチーズバーガーで宜しいですか?


「そのあんたの言う何とかチーズバーガーとは
なんじゃ


「通常のダブルチーズバーガーよりお肉とチーズが一枚多いんです…


「それを先に言えい馬鹿やろうが全然得じゃないか


「申し訳ございません、それではトリプルチーズバーガーに致しますね


「少し待ってくれ………やっぱりダブルチーズバーガーで頼む


正直、なぜこの男が最終的にダブルチーズバーガーを選択したかは私の知る由はない。


トリプルチーズバーガーという物量に単純に恐怖したのか、それとも新参者を受け入れる器が用意出来なかったからか


私は何の迷いもなくそれを選択した