山本の日記

その時起きたこと、考えた事を記録します

あるぞうすいしはんの癖

「てか、これはさ。この昨日の晩の残り。雑炊のなりそこないはアルミホイルの上に乗せて、その上に昨日買ったあれよ?冷蔵庫のチーズか何かをふんだんに振りかけてさ?オーブンで焼けばそりゃいいんじゃない?」

 

僕は親友のその提案に対して、賛成の意を表明するのためにパチンと空で指を鳴らして、中指と親指とが離れる瞬間に、右腕の肘から下を巧く連動させて綺麗なまーるい円弧を描いてそのまま素晴らしき名案の持ち主、天晴れ也。その彼に人差し指向けてから、にこりと愛想良くした。その時、雑炊師範は何かいつもより悲しげで憂鬱そうな視線を確かに、僕に送ったのである。

 

僕は一昨日だかのその情景を一人で回想しながら、ひんやり外をほっつき回っていた。暖房のむず痒い暑さと、加湿器の震える吐息と、あの空間での雑炊師範さまの妙案が浮かんだときの得意な表情を思い返していた。僕自身はその友人に対して、あの時確かに賛美を送った、そらゃそうである。一晩寝た雑炊。白骨化してもあの煮えたぎる若かりし時代の潤いを求め続け、遂には一日中うがいをしているあの阿呆で融通という言葉と無縁な水蒸気を撒き散らすしか能がない機械にまでにも、救いを乞うもあえなく失敗。そこに例の師範が現れて、奇跡を行いなさったという訳である。雑炊伝道師は以前から、度々奇跡を使っていて、例えば一週間くらい前には勿論こと一晩経った雑炊、それを丁寧に丁寧に餃子の皮に包んで、寄りを付けて皮を閉じて焼いて食った。味についてはあえて僕からは言及しないが、彼は確かに熱心に、不憫でかわいそうな雑炊達をお導きになっておられるのである。

 

広瀬川を望む橋の中腹に差し掛かると、僕は小さく溜息を吐いて上から、ぼんやり川の流るるのをみていた。外の側のえぐるような流れが大きな厚い岩盤にぶつかって、吸い込まれそうな渦を描いている。

また、一昨日のことを考えていた。大して面白くもない話を何度も思い返すのは、それこそ馬鹿だと僕は思った。僕が何か引っかかっているのは、まさに僕が彼の提案に対して賛意を表したあのとき、あの瞬間。パチン、そう、僕のあの自然に出た指、恐らくしなやかだろう肘から下の腕の動き。今になって冷静に考えてみると、あれは人と調子を合わせる時に時折みせる、雑炊師範本人の癖の一つだった。

 

 

 

 

 

F教

たっきゅうびんでーす

 

ボクは風化し年季の入ったインターホン、それを押した。パンイチの男が玄関から身を乗り出し、腕を伸ばしてドアを開けた。ご丁寧に。パンイチといえども、彼のその上半身はそれは見事なもので、腹は板チョコのようだし胸はこんもり膨らんでいて、中々のイケメンと来たから困ってしまう。この男は自らをF教の伝道者と名乗り、一配達員である僕を部屋の中ほどに導いた。奥から只ならぬ熱気を感じずにはいられぬ

 

狭いガスコンロと流しがある廊下を抜けると7.8畳の空間が広がっていた。何とも言えない男のいかがわしい臭気とが、僕の鼻を貫いたが束の間、10人いや、11人、それ以上の上裸の男達が鬼の形相をした背中に一冊の派手な銀色のハードカバーの書を乗せながら、腕立てをしている。彼曰く、銀本背負いという修行の一環らしく平気で2、3日はこの格好で過ごすと言うのだから、なるほど驚きである

 

こうくうりきがくのきそ

 

恐らく彼らの聖典なのだろうか?僕は足早に玄関に戻ってから、彼からサインを貰って密度的に恐らくは書物と思われる注文品を地べたに置いて、この奇怪なアパートの一室を後にした

 

 

 

 

いたくてつめたい

わたしは柱にそれこそ強打した右腕と右腿を引きづりながら、雪の中、橋の上をあるく、あるく。糞が。残った左腕でぐにゃり曲がったハンドルに殆ど、すべての体重を預けながら。わたしの哀れな姿に同情を寄せる者は一切、おらず。ただ、彼らはわたしの脇をスーと温帯低気圧になる寸前だかの台風が如く、去っていく。

 

痛み、冷、寒。ハハは。ぼくは何故か笑っていた。この笑いの所以は?追い詰められた者が見せるインチキで投げやりなそれではなく、この冷たい痛みへの対抗馬、希望というべきか、あの欲求、あの三人の公王のうちの一人が静かに立ち上がったのを。それから燃えるような狂気にも似たムラムラがペダルをひたすらに、漕ぎ、前に進めた。行くほーむ

 

家に着くと、勿論こと靴を脱いぐ。そのまま流れるように全部服も何も布きれ一枚無くなったが、それでも寒さなど感じてる暇など僕にはなく、暗がりのリビングで朝からご主人の帰りを健気に待つシーツのない布団の上に転がりこんで即座に、そのまま仰向けを迎えた。左足の土踏まずがつっている

 

それでも寒さに構ってる暇がなど、僕には無かった

 

強打で紫色に膨れたあがった右腕を、僕は半狂乱で上下に揺らしながら、宇宙創生、びっくばん、ちょうしんせいばくはつ、まーぼーやきそばアリストテレス。その暗闇で、部屋の天井すらよくわからぬ

 

まーぼーやきそばアリストテレスが南極熊が厚い氷をあのご立派な四肢で歩くそれに移り変わろうとしたそのとき。あたたかいベタベタする何かがちょうど私の頬あたりに、付いているのに気付いた。我に返った僕は、転がってるスマホを拾い上げ、仰向けに転がったまま、何ヶ月かぶりの日記を、そこに記すのであった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のおわり

我々はまちのカフェにいた。店の中は人が疎らで、奥の四人席もぽっかり空いていた、それでも手前の狭いカウンターに二人して腰を下ろしていた

彼は目の前の、露のある、透き通ったグラフを軽く横に揺すりながらー私に言った

「このくそみたいに暑い中、ホットときたか

「何だろな、今日に限ってはホットの気分だよ

「でもさ、季節感というものがあるだろうに

「季節感、か。

 まだぴたりと汗で貼りついたシャツ、そこエアコンの冷たい空気が、ほんのりかすめるのを、感じた

「夏への、密かな反抗かなにか?

彼は、ほとんど笑いながらそう言った

「いや反抗心なんて、そんなもの微塵もないよ。むしろ、犬だよ。やつらの従順なる……でも、夏反対!!の立看板を担いでってさ、このへんの街でもテキトウに練り歩くのもいいかもしれない

「でも、夏にこれから対抗するよりも…紅葉を、少しでも早くお招きする方が…

わたしは少し考えてこたえた

「だから、このホットコーヒーは…秋をほんのちょっと、少しだけ早く輸入するための期待を込めた、祈りの儀みたいなものかもしれんね亅

わたしは2杯目のお代わりに席を立った

 

 

 

 

 

 

 

 

いんこーす

「いやー、なかなか、彼はいんこーすをついてきますね

「はい、しかしながら、先程からの連打はすべて、彼のその、例のいんこーすのすとれーとを捉えた、そういったものですがどうでしょう?

「そうですね、いんこーす狙い自体は、それ自体は一向に構わないというか、むしろ狙うべきものだと思うのですが、時折、あうとこーすも織り交ぜる。そんなスタイルに徐々にシフトしていく必要性があるかと、おもいます」

 

なるほど…ひたすらに、永久に、いんこーすを投げ続ければ…いんこーすが、相手にとっての当初のいんこーすとは、違った意味のものになるということ、すなわちー鋭い変遷とか落差とか、そういったものが求められるのかと。露出した太ももに妙に冷えた、風の鬱陶しさを感じながら

 

わたしは、至って快適にしていた。手脚をだらんと、だらしなく四方に伸ばしてる。憂鬱な砂埃も、憂鬱な汗も湿度も、照り返す過激な陽の光も、そんなものはあるはずも無いし、土の香りも勿論、インコースに投球が収まるのを横目で見守る必要もない。わたしの現在の仕事、せめてもの仕事は、身体の横に広がるベランダに続くこの窓から、時折、外を眺めて、しっとりとぶ厚い雲を眺めて、目を細める位であろうか……天気について話すと、人間、終わりだ。という類の話を聞くが、わたしは常として、アウトコースを織り交ぜるのを好む人間であるから…どうか、お許しを願いたい

 

 

 

 

 

 

 

 

ばあさんちにきた

f:id:yama3394145:20170812155448j:image

 

うまさんとうしさんに招集をかけました。右のおうまさんの方は、左前の脚が地に接地いたしておりません。しかも突然のわたしの招集に若干の戸惑いを隠し切れないご様子。色々と浮き足立っている馬という立場の彼に、私はある提案をしようかと思っております。というのも、これでは到達予想から2日3日、もしくはそれ以上の遅れが懸念されます。もはやそれは、遅れ、と表現するのは適当ではないかもしれません。しかも彼は、物事を斜め上からみるたちで…ご先祖様の気を悪くさせるかもわかりません

一方、うしさんの方は、非常に安定感がある。それも並みの安定感でなくて、全盛期の桑田を彷彿させる、それです。桑田はボディも見た目以上に軽量で、脚は太く、逞しく、あの世のどんな荒地でも歩を止めず、力強く進むことでしょう。

といことで、今年の我が家は打順を変えて、桑田にお迎えを依頼しました。ご先祖様がお帰りの際は、浮夫が責任を持ってお送り致しますので