山本の日記

その時起きたこと、考えた事を記録します

夏のおわり

我々はまちのカフェにいた。店の中は人が疎らで、奥の四人席もぽっかり空いていた、それでも手前の狭いカウンターに二人して腰を下ろしていた

彼は目の前の、露のある、透き通ったグラフを軽く横に揺すりながらー私に言った

「このくそみたいに暑い中、ホットときたか

「何だろな、今日に限ってはホットの気分だよ

「でもさ、季節感というものがあるだろうに

「季節感、か。

 まだぴたりと汗で貼りついたシャツ、そこエアコンの冷たい空気が、ほんのりかすめるのを、感じた

「夏への、密かな反抗かなにか?

彼は、ほとんど笑いながらそう言った

「いや反抗心なんて、そんなもの微塵もないよ。むしろ、犬だよ。やつらの従順なる……でも、夏反対!!の立看板を担いでってさ、このへんの街でもテキトウに練り歩くのもいいかもしれない

「でも、夏にこれから対抗するよりも…紅葉を、少しでも早くお招きする方が…

わたしは少し考えてこたえた

「だから、このホットコーヒーは…秋をほんのちょっと、少しだけ早く輸入するための期待を込めた、祈りの儀みたいなものかもしれんね亅

わたしは2杯目のお代わりに席を立った

 

 

 

 

 

 

 

 

いんこーす

「いやー、なかなか、彼はいんこーすをついてきますね

「はい、しかしながら、先程からの連打はすべて、彼のその、例のいんこーすのすとれーとを捉えた、そういったものですがどうでしょう?

「そうですね、いんこーす狙い自体は、それ自体は一向に構わないというか、むしろ狙うべきものだと思うのですが、時折、あうとこーすも織り交ぜる。そんなスタイルに徐々にシフトしていく必要性があるかと、おもいます」

 

なるほど…ひたすらに、永久に、いんこーすを投げ続ければ…いんこーすが、相手にとっての当初のいんこーすとは、違った意味のものになるということ、すなわちー鋭い変遷とか落差とか、そういったものが求められるのかと。露出した太ももに妙に冷えた、風の鬱陶しさを感じながら

 

わたしは、至って快適にしていた。手脚をだらんと、だらしなく四方に伸ばしてる。憂鬱な砂埃も、憂鬱な汗も湿度も、照り返す過激な陽の光も、そんなものはあるはずも無いし、土の香りも勿論、インコースに投球が収まるのを横目で見守る必要もない。わたしの現在の仕事、せめてもの仕事は、身体の横に広がるベランダに続くこの窓から、時折、外を眺めて、しっとりとぶ厚い雲を眺めて、目を細める位であろうか……天気について話すと、人間、終わりだ。という類の話を聞くが、わたしは常として、アウトコースを織り交ぜるのを好む人間であるから…どうか、お許しを願いたい

 

 

 

 

 

 

 

 

ばあさんちにきた

f:id:yama3394145:20170812155448j:image

 

うまさんとうしさんに招集をかけました。右のおうまさんの方は、左前の脚が地に接地いたしておりません。しかも突然のわたしの招集に若干の戸惑いを隠し切れないご様子。色々と浮き足立っている馬という立場の彼に、私はある提案をしようかと思っております。というのも、これでは到達予想から2日3日、もしくはそれ以上の遅れが懸念されます。もはやそれは、遅れ、と表現するのは適当ではないかもしれません。しかも彼は、物事を斜め上からみるたちで…ご先祖様の気を悪くさせるかもわかりません

一方、うしさんの方は、非常に安定感がある。それも並みの安定感でなくて、全盛期の桑田を彷彿させる、それです。桑田はボディも見た目以上に軽量で、脚は太く、逞しく、あの世のどんな荒地でも歩を止めず、力強く進むことでしょう。

といことで、今年の我が家は打順を変えて、桑田にお迎えを依頼しました。ご先祖様がお帰りの際は、浮夫が責任を持ってお送り致しますので

おねぼうさん

こんにちは、雨ですね。

 

わたしが今朝、布団から起きると、甲子園が開幕しました。

 

というのも、寝起きの私が布団の横にあるリモコンに手を伸ばして、電源をつけるや長嶋茂雄の娘か何かがマウンドに立っていて刹那、不自然な程に、大きく振りかぶったものですから…

 

それが、まるで私の目覚めを、待ってくれていたようなそんな錯覚を、覚えるのには

 

すみません。少々、無理がありました

ドヴォルザークに煮卵を

「クラシックが流れているのも、中々ないよな」僕は隣に座る彼に、そう言った

これは、彼がこのラーメン屋のカウンターに腰を落ち着けたときから、既に感じていた底ならぬ違和感であったらしく、その源泉はまさにこの流るるクラシックであったか…と成る程、合点したようだった。目の前では店主が、綺麗とはお世辞には言えない、そのまな板の中央付近に丸々した、淡い黄金色の焼豚をどんと置き、流れるように鋭く長い包丁の刃を、さっと通した。カウンターから厨房の隅々まで見渡すと、奥の巨大な寸胴の中では、熱に浮かれて踊り狂う浦和のサポーターのような、極太の麺達の存在が認められたし、店主の額のその玉の汗を見ても、厨房の熱は十分に伝わってきた。

突然、前の少しの氷水が入ったグラスを軽く揺すりながら彼はこう言った

「実は、ね…こう見えても私は、クラシック、聞くんですよ、山本さん……」彼は自分でそう打ち明けた。彼のその口は、微かに歪んでいるようだった。しかも、彼は言葉の語尾に一々、余韻を残すのを癖としたから、それも相まってクラシックに対する自信の無さが、より一層露呈するという結果になった…

「では、向山さんは何とかーーーの8番とか、そういったものをよく聞かれるのですか?」わたしの丁寧なその言葉、その調子は、うなぎ登りにぐいぐい上がっていき、一種、挑戦的な体裁をとった。

「ーーーの8番とかはよくわからないですが…あれです、山本さん…リストですよ。リストあの繊細でキメの細かいピアノの演奏は素晴らしいです。あとは…」

彼は一瞬、斜め上あたりを見つめて、続けた

ドヴォルザークですね…」

ドヴォルザークですか…僕も聞いたことはあるが…とんでもなくこう、何と言ったらいいでしょう?破天荒というか、荒々しい火山というか、リストとは、対照的な音楽を創り上げそうなそんな方ですね……」

僕も彼の癖を真似て、わざとらしく、ため息のような、余韻を残してみせた。

それからというのも、我々はただ黙って、店主が忙しそうに麺を上げる様子をまだかまだかと見守った。それから、彼は呟いた

ドヴォルザーク…これは、まさにドヴォルザークじゃないすか…山本さん……」

店主は最後に、切った焼豚を分厚いその指で手際良く円形に並べて、丼を軽々持ち上げると、その太い両腕を此方に差し出した。丼には熱と、ある種の暴力的な何かが溢れんばかりであった…が

彼は丼を覗き込んで、力無さそうに小声で言った

ドヴォルザークに…煮卵を…」

彼のその丼には、追加で付けたはずの煮卵の姿はなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉塊を焼く男

「おっ、今日は何作ってんの?」
左横のコンロで豚の肉塊をひたすらに焼く同期の男がわたしに、尋ねた
「今日はぶり大根というのやらに挑戦しておるよ」

「おー煮物か…よくやるね…」

と一言、友人は自分の肉塊に目を戻した。突如、僕に何とも言いようのない恥ずかしさが襲った。僕はぶり大根を作ることを確かに、自ら望んだはずだったのではないか…
私は火を止めて、さっさと平皿にそれらをよそうと、自分の机まで運んだ。

今日は失敗だったと呟きながら、堅い大根を口一杯に詰め込み、白飯をかき込んだ。

7時なのにまだ明るいな、そんなことを思いながら窓際から沈みゆく太陽を、わたしは眺めていた






 

 

 

 

土曜日は最高

「土曜日は最高だな」

僕はてきとうに、呟いた。

一つ机を挟んだ、左隣にいる彼が右耳のイヤホンだけをとって、ん?と若干の皺を眉間に寄せて、此方を見た。それから少し遅れをとって、回転椅子のキャスターからガラガラ音がやってくる

「いや、土曜日は最高だって話よ」

僕はゆっくりと、確かめるようにそう言った。一呼吸くらいの間の後に、彼は返した

「と、言いますと?」

彼のその好奇に満ちた目とその口調から、まさか、そんなまさか月並みの、当たり前の土曜日最高論では無いのだろう?という私に対するほのかな期待感、そう言った類のものを感じないでもなかった。そうであろう、彼は最もだと思う。ほぼ全人類が共感するであろう事実に何を今更、こいつは何を言及するのだろう?どういった斬新さを備えた切り口で、立ち向かうというのであろうか?

僕も私に期待した。そう。目の前の愉しい話に飢えた男だけでなく、私自身もだ。

ごくりと唾を飲み私は言った

「いや、特にこの話に続きはないよ」

彼のバットは見事に、空を切った。鋭く縦に変化したスライダーは、無邪気な土曜の、その陽気な午後の光の中へと、消えていった…

「あー今日は、やっぱり、土曜だな…」

彼は大きく伸びをしながら、小さく微笑んでそう呟いた