山本の日記

その時起きたこと、考えた事を記録します

ピザ屋との文通

 拝啓   帰宅すると、わたしは胸が痛くなります。新聞受けの奥に刺さった、クシャクシャの貴方方のチラシを見ると。ここまで、わたしが熱烈なオファーを頂いているのに、それに応えない、ピザに冷ややかな人と思っておられませんか?わたしは新聞は取ってませんので、完全なるピザチラシ受けです。朝ピザ、夜ピザ、カモンカモンです。思えば私は常にピザを欲して、生きてきました。幼少期、パーカーのフードを裏っかえしにすると彼女募集中というのが流行りました。ご存知でないですか、ね?私はよく友人にふざけてフードを裏向きにされましたが、それを私は極端に嫌いました。別に、私は彼女を公に募集するのが恥ずかしかったのではなく、そもそも、女というものにその頃微塵の興味も芽生えてなかった頃です。結論から申し上げますと、一つの可能性、そう。わたしのフードにピザを誰かが入れてくれる可能性が亡くなると、当時の私は考えていました。それは冗談ですが、私はマンション住みなので、五階までエレベータに乗るのですが、時折、ほんの稀にです、ピザ屋のお兄さんと鉢合わせることがあるんです。あの香り、食欲を一気に覚醒させるあの香りが、あの空間を一瞬で支配するんです。私の背後には、ピザを持ったお兄さん。あぁその、片手にちょんと行儀よく乗った貴方のそれを、私のフードに

とりあえず、もう、気が済んだので、わたしは寝ます。

 

山本

 

西陽

 西陽、それはブラインドの上に薄っすら積もる埃を、いつもよりも、少し、際立たせてくれるようです。この時間に家にいることはあまりありませんが、昨晩帰宅しなかったのもあって、洗濯と風呂のために帰りました。

部屋のホワイトボードに西陽がスポットライトのようにちょうど当たってか、わたしは何と無く、無感情で見つめておりました。5/30と、大きな字で力強く、書き殴ってあるのに気付きました。それと横に小さく、丁寧に、家賃27日と添えてありました。

さっきより日が沈んで暗くなると、ホワイトボードにいた西陽も何処かに消えていきました。5/30という文字はもう、今にも動きそうな予感を、わたしに与えることはありません

the great of 金曜日

晴天のお昼時、わたしの今日は、セブンのレジに並ぶOLの何気ない一言によって始まった

 

「今日のお弁当まっ茶色なんだよなー」

 

この瞬間は、突然訪れた。一切の予告もなしに。わたしは雷でも撃たれたように、手に持っていた伊右衛門をぐっと、強く握った。それから会計を済ませて、東口のバスターミナルに向かった。

 

そして、昼間の夜行バスに乗り込む。それは高速バスが今までわたしにとっては「夜中に走行する」というのが常であったから、この表現が何かとしっくり来てしまう。

 

乗り込んでからは、先程セブンで入手した、じゃがりこを食べる。夜行バスでじゃがりこを食べるのは熟練の技術が必要で、噛むことは決して、許されない。舌の上で転がしながら軟化させて飲み込む。この方法しかない。しかし昼間の夜行バスの場合はこの心配はなさそうである。胸を張って、堂々と、じゃがりこを頬張ろうではないか

 

 

レッドカード

最近頻繁に天気が気になります。最近、というのは此方仙台での交通手段が、殆ど自転車であるためです。

 

天気予報を見ると、ああ、明日は雨なんだな。と。

 

雨、なんですよ

 

一昨日くらいに、東京にいる彼女に手紙を一つ書いたんです。

 

元気にしておりますか?的なやつです

 

「東京にいる彼女にお手紙を書く」

 

響きがいい。きっと東京も雨だろうな、と。

 

先程、雨の帰り、無灯火で自転車を運転していたのでレッドカードと言うのを頂きました。警察の方がレッドカード、貰ったことありますか?と聞くので、私はありませんと。更に、

 

レッドカードはいっぱつたいじょうじゃないんですか?

 

と尋ねると、笑っていました。

 

 

夢をみたくない

こんばんは山本です

 

全然どうでもいい話をしますが、コンプレックスという言葉をよく我々は日常で使います。私も以前、コンプレックスを被っておりましたので、この言葉にはよくお世話になったものです

 

ところで、言語連想?というものがあります。例えば、火→水とか光→速いとかなんでもいいです。わたしなんかは、流るる川を観るとちんこが疼くんです、丁寧に説明を加えると、それは川を皮と、まず無意識に結び付けて、そこから剥けないに着地するのでしょう。もっと言うと、私がボロボロ細い釣竿を道端で拾ったら、渓流の川を連想し、云々、それが包皮に達するというのは、少々やりすぎ、といったところですが

 

要するに、コンプレックスは関連要素の集合ネットワークできていて、それの一端に少しでも触れてしまうと…核心部の事実までフローチャートの最短距離を通って、向かっていくわけです。

 

それで、私の最近みる夢、全く上の通りに進行します。それが少し、言いたかっただけです。そこら辺をふわふわ浮かぶシャボン玉に触って、パンッと割れたあの瞬間、あれが積極的に、永遠と続くのが夢なんです…

 

 

A子さんへ

技術補佐員のA子さん、この度はわたしのとった行動を何とお詫びをすれば良いのか、正直なところ分からずにおります。ただ、一つだけ、お分り頂きたいのは、僕には全くの、1ミリもの悪気すらなかったということ。たまたま研究室の隣のA子さんの部屋のあの大きな冷蔵庫に、昼に使うキャベツとベーコンを取りに来た、たったそれだけなんです。

A子さんは独り身だという事を、この間の飲み会でわたしは誰かから聞きました。毎日、夜遅くまで、実験室で白衣を纏い、試験管を振るう姿を見ていますと、男の入り込む余地など寸分もないことも、容易に頷けます。

でも、わたしはある意味、諦めているのかとさえ思っていました。あの寡黙で真面目な研究に対する姿勢。そうです、だからこそ昨日の昼の事件に対して、わたしの中にも暗く重い罪悪感として、居座っているとさえ思われるのです。

A子さんの部屋に入った途端、何故かその時はパソコンに目が行きました。そうですね、あの時は廊下からドアを開けて入ったのではなく、研究室中からA子さんの部屋に入ったので、今思えば廊下側からノックをして入室するべきでした。ディプレイに眩く光る、ウェデングドレスの数々、右手にマウスを掴み、左手で頬杖をつきながら…食い入るようにではなく、何気無くポカンとしながら、目の保養という具合で…

その時です。後ろのわたしの気配を感じなさったのか、わたしもその時すぐに部屋を後にしていればと、今でも後悔しますが…兎に角、急いで、慌ててマウスを動かして、タブを閉じる仕草は、わたしの胸の奥底に苦く残り続けて…

兎に角、わたしは早急に、忘れなければなりません。A子さんの為に、そしてわたしの罪悪感が再び、息を吹き返さない為にも

 

 

 

ふりーだむ

こんばんは、今日は研究室の教授と助教が出張ということもあってか、皆少し羽を伸ばしておりました…記憶では、5時半位には皆で研究室を出て、呑み屋で楽しくやってました

 

羽を伸ばす。それはまさに自由を手にしたようでした。しかも、私一人だけの自由!では無くて、それを周りの人間と共有できる素晴らしさといったら…

 

これはわたしの土日問題に少し良い刺激を与えてくれました。苦痛も不安も、歓喜も、それら全てを差し出してくれるのは、結局は人間社会なのだと、感じた次第です